2020年3月11日水曜日

洋裁と島暮らし 〜エプロン作り〜

新作のエプロンを特にいつ出すかなどは決めていません。
作りたい時に作りたいものを作る
今はそんなスタイルに変わりました。

以前は「さー考えるぞ!」と
あれこれ何案か考え作ることもありましたが
今は新しいデザインを考えるのは年に一案か二案になりました。
(お客様からしたらもっとバリエーションがほしいかな?)

長年作る上でデザインも淘汰されていき
作りたいものがより明確に見えて来たのかもしれません。

新しいものを作るのはアイディアもエネルギーも必要で
そういうことも重要だと思いますが
定番の形を作るということにも最近は意味があるなと感じています。

昔は同じものを作るなんてつまらないと思っていましたが
布の素材や厚さが変わればミシンをかけるときの力加減も変わります。
布の強度を考え縫い方を変えることもあります。
知らず知らずのうちに考え、身についていることに気づき
同じことの繰り返しも重要で楽しいと思うようになりました。

skip-stepの定番エプロンといえば『いちじく』という形のエプロン
料理研究家の藤井恵先生も愛用してくださり
十数年作り続けている形です。

わたしもそれから十数年歳を重ね
定番の中にも多少の変化もあり、丈が短めだったエプロンたちですが
ここ数年は丈が長めのものが増えました。

年齢とともに体型の変化もありますが、、、
skip-stepのエプロンをいつまでも似合う自分でいたいと思っています。

・・

今回の新作は深いVネックの肩紐タイプのエプロンです。
首紐タイプではないエプロンを好む方も多く
以前からご要望もあり完成しました。

まだサンプルの段階ですが
6月に東京、10月には軽井沢で販売会の予定があるので
その頃みなさまにお披露目できるかと思います。


パターンを引くのは今でも苦手ですが
短大時代から使う折れたカーブルーラーが良き友です


シーチングを使い仮縫い
もっと学校で立体裁断をまじめにやればよかったと
つくづく思う今日この頃
機会があればまた学びたい

シーチングで完成
ここから更に微調整し想い描く形にしていきます

調整したものをリネンの生地で試し縫い
これもまだサンプル用
洗って使い心地を確かめていきます

仕上がるまでにはあらゆる工程があり
手間と時間がかかります
作り手の想いが伝わるようなそんな作品を
作っていきたいと思います


2020年2月16日日曜日

web shopのお休みについて



skip-stepのweb shopをご利用いただきいつもありがとうございます。

2020年2月20日〜2020年2月25日の期間
web shopはお休みさせていただきます。

ご注文はお受けしておりますが
商品の発送とお問い合わせやメールの返信は
2月26日以降になります。
ご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

skip-step

2020年2月13日木曜日

洋裁と島暮らし 〜綿花栽培〜

洋裁が好きでもの作りをしているうちに
布の素材や織り方、染めなど
どのようにして布になり私たちの手元に届くのか
もの作りの背景が気になるようになりました。

旅に出るとその土地の布や織り物を見て回ることもあります。
自分で布から作ることができたら理想的ですが
流石にそこまでをやりきる自信はないので。。。

島に来てから庭と畑があるので
まずは自分でできる事として綿花を育ててみようと思い
2018年の春から綿花を育てはじめました。

はじめは市販の種を20粒ほど買い
地植えと鉢植えで試してみましたが夏の猛暑や虫食いで
育ったのは鉢植えの一本だけ。
でもこの一本の幹からいくつもの花が咲き
70粒ほどの種を収穫することができました。

今回わたしの場合、種植えから綿花の収穫までおよそ8ヶ月
地域にもよると思いますが思いのほか時間がかかるという印象です。

ここから布になるには糸を紡ぎ繊維状にし。。。
いくつもの工程を経て布になります。
そこにはたくさんの人の手が関わり
作業をしている人がいるということを改めて実感します。

安いものから高いものまで布も幅広くあります。
その中でも私はできる限り天然素材を使いたいと考えています。
天然素材は体の熱をほどよく保つ保温性がありながらも
通気性に優れているなあ、と
いつも身に着けているもので実感しているから
使うほどに味わいが増し肌に馴染む、そういう布が大好きです。

綿花栽培は今年で3回目になります。
今まで収穫した綿花の使い道はまだ未定ですが
洋裁教室に来てくれる生徒さんに種を分けたり
一緒に育てることも楽しみつつ
もう少し綿花について勉強し今後の洋裁に活かせたらと思います。

つぼみはシソの葉のようなものが
三枚重なり閉じています


白い花が咲き、閉じる頃にはうっすらピンク色に変わり
一日でしぼんでしまいます


花が咲き終わるとコットンボールになり
乾燥すると弾けて綿が顔を出してくれます




綿の中に種が入っています
1本の幹から70個粒くらい取れました


収穫した種で2回目の種植え
はじめは順調でしたが長雨や台風で育った幹は4本
まだまだ試行錯誤しながらまた次につなげたいと思います


今まで収穫した綿はまだ手のひらほどの量
このふわふわとした触り心地と温かさが
とても愛おしく感じます






2020年1月14日火曜日

洋裁と島暮らし 〜砂袋〜



ここ数年 お知らせでしか活用していなかったブログですが
今年は『洋裁と島暮らし』についても
少しづつ書いていきたいと思います。

島に移住して三年目の冬になります。
仕事のこと生活のこと自分のこと、、、
先延ばしにしていたことがたくさんあるので
まるまる見直して
よりいっそう腰を据えて物事に取り組みたいと考えています。

お時間のある時に読んでいただけたら嬉しいです。

・・

今回は島の方に頼まれて
年末に仕上げた砂袋について書きたいと思います。

砂袋とはその名の通り
海岸で集めた砂を袋に入れたものです。
痛みや体調不良の時、薬だけに頼るのではなく
体に負担なく日々の暮らしに取り入れられる
砂袋を作って欲しいとのご要望でした。

砂袋は自然治療法の一つで
それを患部に当てることにより砂が毒素を吸い取り
体が楽になると言われているそうです。

体温で温めた砂からは遠赤外線がでて免疫力を上げる効果がある
というようなことも調べると書いてありました。

砂浴といい海岸で砂を掘り砂に埋もれる方法もあるそうですが
体力的に砂浴ができなかったり、お家で手軽に使えるものとして
砂袋を利用する方もいるそうです。

今回依頼を受け砂袋という存在を知り
そこから作ること以外に自然治療についてなど
自分なりに調べたりもしました。

一人でもの作りをしているだけでは気づけないこと
誰かのために作るということ、今回は特に考えさせられることも多く
なかなか作業が進まず時間がかかってしまったのですが
とても勉強になりました。

砂袋は今ご実家で病院治療とともにご自宅で使われているのだと思います。
また島でお会いできる日を楽しみに
その後の使い心地もお聞きできたらいいなあと思っています。


作る上で意見を聞かせていただいた時
縁起の良い数字の話になり作るときの寸法に
少し取り入れられないかと考えました。
すべてを取り入れることはできなかったのですが
それを知った上で少し寸法を考えて制作をしてみました。


砂は島でご家族の方が集められました。
思いのほか砂ぼこりが出るので
さらし布に砂を入れてから水玉の布袋に入れています。
砂が出てこないように周囲は袋縫いにしています。

肌触りの良いガーゼでカバーも作りました。

大きいサイズのカバーは2色で制作。
気分により使い分けてもらえればと思います。

2020年1月6日月曜日

あけましておめでとうございます。


新年あけましておめでとうございます。
2020年は展示会でたくさんの方々とお会いできればと思っております。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

skip-step  ヤマダヨシコ